るー冒険記
 
普段の何気ない出来事を記してみる
 



ゲームトーク

伝説のシューティング

今日は友とグラディウスⅤをやった。

私はもともとシューティングが苦手であまりやったことがなかった。
本家の1もモアイまで(ステージ3かな?)いけたら
「ヨクやった」
と自分をほめてやりたくなるくらい下手だった。
当然Ⅱ~Ⅳなどにはほとんど触れる機会もなく
Ⅴが出たときも「ああー出たんだ」というぐらいにしか思っていなかった。

今思えば、ファミコン時代にはゲームといったらシューティングやアクションが
ほとんどだったので下手なりに遊んでいた覚えがある。
下手ですぐやられても何度もコンティニューしたり最初からやり直したり
あのコロはとにかく操作することが楽しかった。

そして今日グラディウスⅤを久々にやったわけだが・・・

面白かった(*゚ー゚)

友人が来たのは3時ごろだった気がするが気づいたら8時だった。
途中で休憩としてバイオハザードのスタッフインタビュー映像を
少し見ていたがそれ以外はずーっとグラディウスだった。

ステージ1からヒイヒイ言いながらコンティニュー。
残機の取り合いをしながらの2人同時プレイ。
最後にはコナミコマンド:上上下下左右左・・・

プレイしながら
「ここでこうして欲しいね」
「この演出は憎いな」
「この処理どうやったんだ」
などとグラディウスⅤの批評を討論するさまは
この4年間ゲームクリエイターへの学習を
してきたが故の変化だろう。

そんな中思ったことがある。







なぜ楽しかったのだろう?

私にとって難しいのですぐ死ぬ。
それでも何度もプレイさせてしまうこの魅力はなんだろうか。

この空きさせずプレイヤーを引き込む工夫こそが難易度の壁を越え、
世代の壁を越えてゲームを面白く感じさせているのだろう。

でも具体的にこのゲームの何が空きさせないようにしている原因なのか
と聞かれるといろいろ思い浮かぶが「これだ!」といえるものはないと思う。
すべてがうまく組み合わさってなんともいえない面白さを生んでいるのだ。

前回塊魂の記事を書いたときも
「なぜか楽しい」
と書いたがそのときと同じ気がする。





眠たい&話が下手なのでいろいろ話があわない部分もあったかも
知れないが結局言いたかったことは次のとおりだ。




ゲームクリエイターとなる友人達よ。
このような言葉では伝えられない潜在的な面白さ!
そんな面白さを持つゲームをつくってくれ(´¬`)




10月5日(火)23:08 | トラックバック(0) | コメント(0) | ゲームトーク | 管理

MMORPGの是非

Massively Multiplayer Online Role Playing Game
通称:MMORPG
他のプレイヤーとのコミュニケーションを楽しむことができるRPGである。

< 自分なりに、ふと考えてみた。>




競争対象が人間である=勝ったもしくは上回ったときの優越感がある


誰しもこの心が奥底にあるに違いない。
たとえそれがゲーム中、聖職者(クレリック)や商人であっても
いいアイテムをもっているだとか、レベルが高い、高レベルでなければ
いけない場所へいけるなど何かの要素で「すごいね!」と他人から
いわれたら気分がいいはずだ。
どんな人間も所詮は闘争本能があるため『他人に勝つ』というのは気分がいいのだ。

どのオンラインゲームも『コミュニケーションを楽しむ』を表に出しているが
ここの『誰よりも』という優越感を与えることを目的としているゲームが多い。


そこまではいいのだ。
決して悪くはない。


だが、MMORPGの場合はそれがまずいのだ!

現在までMMORPGは様々な問題現象を起こしてきた。
それらに共通して言える要素として「MMOは時間がかかる」ためだろう。
レベル上げ、お金貯め、冒険どれも数時間単位で時間をかけないと進めない。


つまり優越感を与えることだけを目的としてしまったMMOの場合
多くの時間を費やすプレイヤーが増えるのだ。
『多くの時間』というより『異常なほどの時間』といった方が正しい。

日本の引きこもりといわれる現象もそのためだが、そんなのまだ甘い。
お隣の国では『生存活動のための時間』すら割いてしまい死者が出ているほどだ。

コンシューマーのゲームや他のオンラインモノでも優越感を与えることだけを
目的としたゲームがあるではないかというかもしれない。
だが、それらには明確な終わりがあるからいいのだ。

一昔前なら、
「ドラクエさークリアした?」
「このアイテムしってる?」
などと友と競いあったことがあるだろう。
しかしクリアしたりアイテムをとったり満足した者から興味をなくしていく。
いずれ誰もプレイしなくなっていった。

MMOにはそれがない。

新たなアイテム、新たな力、新たな敵、新たなストリー
さらなる優越感を得ようと深みにはまっていくばかりなのだ。また、たとえ
誰かが満足しやめても比較対象はたくさんいるので影響は少ないのだ。



MMOの遊ばせ方が悪いとは言わない。
時間をかけなければならないシステムがまずいのだ。


ここまで批判を述べてきたがMMOには、私も一時期はまっていた。
はまってしまうからこそ、製作者には考えてほしい。


遊び手の問題だといえばそれまでだ。
でも『コミュニケーション』を楽しむゲームならば
費やした時間で差が大きく出ないものを考えてもらいたい。





「MMOは面白いからハマルのではない。やめたときの喪失感があるから
ハマルのだ」という一文をどこかの雑誌で見た。
体感した私もその通りだと思った。プレイ中は作業に感じたからだ。
でもやめられない。まさに中毒としかいいようがなかった。



MMOにハマル者達よ。
あなた方は悪いわけではない。
ただし自主規制を大切にしてください(*゚ー゚)

私からのほんのアドバイスでした。





9月19日(日)22:50 | トラックバック(0) | コメント(1) | ゲームトーク | 管理


(4/4ページ)
最初 1 2 3 >4< 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買